アイ・エヌ・エスからのメッセージ

私たちアイ・エヌ・エスの採用情報に関心をお持ちのみなさまにお伝えしたいことが、2つあります。
1つ目は、アイ・エヌ・エスという会社について。アイ・エヌ・エスはすでに社歴が30年を超える企業となり、自己資本比率が70%を優に超える無借金経営の会社として発展をつづけてきました。そのおかげで大手メガバンクからもほぼ満点に近い評価をいただいている、とても安定した経営体質を誇ります。
人が成長していくには、それをサポートするための仕組みや資源が必要です。これができるのは経営環境に余裕のある会社であり、社員が安心して定年まで勤められるだけの体制がなければなりません。安定した経営環境やお取引先さまとの関係、そして定年時に満足のいく退職金を用意するための積立制度など、アイ・エヌ・エスは人が長い時間をかけてしっかりと成長し、豊かな社会人人生を送っていただける会社づくりに努めてきました。
もう1つは、会社の仕組みについて。経営陣や社員という垣根をつくらず、皆がアイ・エヌ・エスの一員として情報や待遇、問題意識などを共有して会社づくりをしていくのが、アイ・エヌ・エス流です。政治の仕組みに例えるなら、民主的な三権分立のような組織です。個々の社員が成長していくことで、会社が成長する。そして会社が成長することで、社員全員が豊かになる。
そんなアイ・エヌ・エスの一員として社会に貢献できる仕事で自己実現をしてみませんか?

アイ・エヌ・エスで活躍する「人」とは

アイ・エヌ・エスで活躍している社員に、何か特別な能力を持っているスーパーマンのような人はいません。だれもが家庭や学校で人並みの生活をしてきた人であり、入社時は社会人としての厳しさをまだしらなかったような、普通の人たちです。学生時代の価値観から急に社会人としての責任を自覚せよと言われても、すぐに順応できる人のほうが少ないでしょう。
最初は戸惑うこともあるでしょうし、慣れないことで不安を感じることもあるでしょう。それが当然であり、それでいいと思います。環境が激変するのですから、戸惑いや不安があってあたりまえです。それをうまくサポートして社会人としての順調なスタートを切れる環境をつくるのも、アイ・エヌ・エスの会社としての役目だと考えています。
社内研修制度やマイスター制度といってそれぞれの社員が持つ得意分野を認定する制度など、人の成長を支援するたくさんの制度があります。これだけ人を丁寧に育てることにこだわるのは、アイ・エヌ・エスが人の生み出す価値で成り立っている会社だからです。人の成長が会社の成長に直接つながっているので、これからもアイ・エヌ・エスは人を増やすだけでなく育てることにも力を込めていきます。


社員の中には前職が散髪屋さんだった人、寿司職人だったという人もいます。今の仕事とまったく関係のない職業から転職してきた人にとって、アイ・エヌ・エスの仕事は新卒で入社した人と変わらないほど不慣れなものだと思います。長年の経験でそのことを知っているからこそ、最初は何もわからなくて当然という視点に立って、人づくりをしているのです。
素直に人の話を聞く耳を持っていること、うまくいかないときは自分に原因があるのでは?と謙虚に考えることができること。これらは人として普通にある資質ですが、こうした資質がアイ・エヌ・エスでの成功にはおおいに役立ちます。
そんな資質があるとお感じの方は、きっとアイ・エヌ・エスで成功できる人です。